代表挨拶

立憲民主党枝野代表とともに

2020年9月15日、合流による新党結党をいたしました。奇しくも、7年8か月に及ぶ長期政権が安倍総理の病による辞任によって終わりを告げるのと時期を同じくしております。

長期政権を許し、さまざまな問題を食い止められなかったのは、対抗すべき勢力が分断され、行政監視機能が十分に果たせなかったことに要因があります。野党勢力がさまざまな経緯を乗り越え、大同団結することで、政治の緊張感を取り戻し政権選択の一翼を担うことを目指すための新しい立憲民主党のスタートです。。

立憲民主党大分県連は、一つの価値観を押し付ける政治ではなく、市民の皆さんと連携し繋がり、そして、日常の生活から出る言葉、働く現場での声を基点としてボトムアップの政治の世界を実現するために、この大分の地において、頑張ってまいります。 

一歩一歩確実に前に進んで参りたいと思います。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 

立憲民主党大分県総支部連合会 代表
衆議院議員 横光 克彦